第1回 ショパン国際ピリオド楽器コンクール 記者会見&プレゼンテーション
By KAJIMOTO Follow | Public

・第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールの初開催を記念して、日本にて開催する記者会見とプレゼンテーションです。先着250名様(予定)をご招待いたします。

日時:2018年3月13日(火)11:00~15:00
会場:トッパンホール

第1部(11:00~12:30)
記者会見およびダン・タイ・ソンによるトークとデモンストレーション

第2部(13:30~15:00)
ガイダンス
小倉貴久子によるフォルテピアノの演奏に関するアドバイス
コンクール参加希望者からNIFCへの相談
フォルテピアノの試奏など

主催:国立ショパン研究所(NIFC)
後援:ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター 
協力:トッパンホール、梅岡楽器サービス、KAJIMOTO



・第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール(2018年9月開催)とは
アンドレアス・シュタイアー ワルシャワの国立ショパン研究所(Narodowy Instytut Fryderyka Chopina、略称NIFC) が、従来のショパン国際ピアノコンクールに加えて、新たにピリオド(古)楽器のためのコンクールを開催します。
第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール(1st International Chopin Competition on period instruments)は、19世紀前半頃に使われていたピアノ
演奏によるヴィデオ審査を通過した30名のピアニスト
(参加資格年齢18歳―35歳)がワルシャワに招かれ、
2018年の9月2日から14日まで開催されます。
オフィシャルサイトhttp://en.chopin.nifc.pl/institute/iccpi/info

Announcements
  • 2018/02/01

    3/13開催「第1回 ショパン国際ピリオド楽器コンクール 記者会見&プレゼンテーション」の一般受付を本日12時より開始いたしました。たくさんのお申し込み、お待ちしております!

Comments